2017年07月17日

練馬区平和台図書館 「ニッポン無責任時代」 上映会開催! 

今日は 練馬区平和台図書館で「ニッポン無責任時代」バリアフリー上映会が開かれました。

image2.JPG

館長さん、副館長さんのご尽力で予約48人 当日数名キャンセルありましたが、当日参加も10人ほど 椅子が足らず、補充するほどの大盛況の上映会となりました。

視覚障害者4名、聴覚障害者2名、車椅子1名参加 若い方からご年配の方まで、カップルでのご参加、ご家族での参加もあり、年齢、男女関係なく、皆様にたくさん笑って頂きました!

平和台図書館は40年前の建物ですが、リフォームしたばかりで、 廊下、トイレも人感式 人が来ると電気がつく など全てが最新設備 でピカピカでした。とても気持ちよく使わせて頂きました。

司会は 今日の映画の主役と同性の副館長 植木さん!、手話通訳士は市来さん、音声ガイドは 練馬区在住の波多腰さんです。

遮光カーテンでも光が漏れるので と館長さんが暗幕を購入、 自らつけてくださいました。
映画館さながらの上映でした!

image2.JPG


写真 左から平塚館長さん、音声ガイド担当の波多越さん、植木副館長さんです。
今年はもう一回開催予定です。
この次は 若い方対象の映画がいいかなと館長さん。

また次回もどうぞよろしくお願いいたします!!

(記 齊藤)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会

2017年06月28日

第6回 音声ガイド講習会、最終回です!

4月から始まった音声ガイド講座も今日が最終日

今日の講座は、来月23日の発表上映会本番に備えて、受講者が順番に 手元のモニターをなくしスクリーンを見ながら 音声ガイドを読んでみました。
さらに、手元明かりも使い、本番さながら いやおうなく高まる緊張感が伝わってきます。
早速、通し稽古が始まりました。

DSC_1559.jpg

今日は、ビーマップ理事の大河内直之さんが来て下さいました。
大河内さんは全盲で、ビーマップをはじめバリアフリー映画の普及に尽力されています。
大河内さんが、映画とともに表情を緩ませると一安心
ひと通り終わり、しばしの休憩
のはずが、ほっとひと息もつかの間すぐに反省が始まっていました。

音声ガイドの制作では、実際に視覚障がい者の方に映画を観ていただき意見をいただく試写会を行います。
講座といえども その試写会さながら
大河内さんから、気になった点を含めた感想があると
そこからは、熱のこもった質問が次から次へと

「トーンを統一するとはどういうことか?」
「この表現で映画がイメージできていますか?」などなど
自分が作った音声ガイドの表現を確認したり、時には映画の解釈で話し合いになったりと
あっという間に時間が過ぎ、講座時間もオーバー、時計の針は22時をまわろうとしていました!

DSC_1560.jpg

「(視覚障がい者は)映画を観ているのではなく、体感している。その場にいるような錯覚をさせるような音声ガイドはいいガイドなのでは」
という、大河内さんのアドバイスには、思わず講師も「私が言うより説得力がある」呟いていました。

こうして、終了した音声ガイド講座
個人レッスンの声も囁かれていましたが
発表上映会までは約1カ月!!

私はひとつの作品を7人が作り読み分けたのを観るのは初めてのことでしたが、
各パートそれぞれの個性が溢れたものになってきているのを実感しました。
これからどんな仕上がりになるのか楽しみです!DSC_1560.jpg

(記 長沢)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 講習会

2017年06月21日

シスコシステムズ 新人研修で バリアフリー映画 

若いって素晴らしい!!

シスコシステムズの新人研修を6月21日、担当させていただきました。
ビーマップの設立意図、活動内容を伝えた後、【幸せの黄色いハンカチ】の短いシーンでバリアフリー映画を体験した後、実際に音声ガイドを制作して貰うというカリキュラム。

IMG_0214.JPG


9名の精鋭達は、聴覚・視覚障がいの立場の方に、何を提供する事がバリアフリーに繋がるのかを瞬時に理解したようです。

我々が今制作中の【殿、利息でござる】のイントロをバリアフリーで紹介し、続くシーンの一部に音声ガイドを作っていただきました。

5人と4人の2グループに分かれ、1時間程で書き上げ、読み手を選出して発表。
皆、初めての経験とは思えない的確かつユニークな語彙選びで見事な出来栄え。ビーマップ のメンバーは驚きを隠せませんでした。

IMG_0216.JPG


研修を受けて下さった若者達から有意義だったとの感想をいただき、我々も刺激を受け、若いメンバーの必要も感じました。
このような機会を得ることができ、シスコシステムズの方々に感謝申し上げると共に、今後もバリアフリー映画の流布に努めて参ります。

音声ガイド制作体験講座にも力を入れていきますので、どうぞお声かけ下さい。

(記 森川)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 講習会