2017年12月04日

Bmap通信NO.16 発行!!

今日 事務所にて、Bmap通信 冬号を発行し、皆で発送作業を行いました。

IMG_4268.JPG

今回の通信は、来年一月の新春 上映会をはじめ、3月までの上映会情報、コラムには 新宿区信濃町シニア館 豊田昌彦館長さんの文章を掲載させて頂きました。

おおよそ6月以降の活動を振り返りますと、待望でした音声ガイド講習会を松竹ブロードキャスティングとのタイアップで実現させたり、また新たな図書館上映も3館増えたり・・とますます活動の場が広がってきております。

IMG_3341.JPG

これもひとえに お支え頂いたサポーターの皆さま、上映会に足を運んで下さったお客様のおかげと深く感謝しております。
来年もまた皆さまと 大いに笑って泣いて・・の楽しい上映会を開催していきたいと思っております。
変わらぬご支援をどうぞよろしくお願い致します!!
(記 橋)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | メディア取材、情報発信

2017年11月19日

小平市小川西町公民館で初の バリアフリー上映会開催!!

1月19日(日) 小平市小川西町公民館で、『ALWAYS 三丁目の夕日』バリアフリー映画会がありました。
小川西町図書館主催による、小平市では初めてのバリアフリー上映です。

20171119_115418.jpg

会場に この作品の原作大活字本や 夕日町オフィシャルガイドブック(舞台の三丁目は夕日町三丁目だったんですね!)、昭和30年代のレトロ家電や生活文化・テレビ番組をまとめた書籍、鉄道風景や町の写真集、新聞など20点あまりが関連図書として展示してあったのは さすが図書館!
職員さんの熱意を感じました。

20171119_134743.jpg

『ALWAYS三丁目の夕日』は、上映回数がいちばん多い作品で5回を越えるでしょうか。
上映の度に 音声ガイド(台本)がブラッシュアップされ、また、語り手による表現のニュアンスも魅力となり、何度観ても 新鮮に泣き笑いできます。

音声ガイドを担当した水谷さんは ガイドを語りながらホロリとしちゃったとか…。
水谷さんのガイドはゆったりとかわいらしい声で 作品に寄り添います。
コミカルな場面も淡々と語るので かえっておかしさ増し増しでした。

来場者からは「音声ガイドがあったほうが、内容がより分かりやすくなっていて驚いた」「感情がとても豊かに伝わってきた」「こんなに良いんだから、もっと大勢の人に見てもらわないともったいない!」「また、やってください」という感想をいただきました。

熱心な職員さんがいる図書館から、バリアフリー映画が小平市に広がっていくといいですね。
(記 清水)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会

2017年11月16日

第34回Bmapバリアフリー上映会「PING PONG ピンポン」

日の暮れが早くなり、コートの襟を立てる寒い夕方でしたが、
今日も東京都障害者福祉会館に 小学生のお子さんを含め、大勢のお客さまが集まって下さいました。

IMG_4188.JPG

今や注目の卓球、『ピンポン』は松本大洋の卓球青春漫画を映画化したものです。

窪塚洋介や竹中直人のコミカルな演技に大きな笑い声が何度も聞かれる 楽しい上映会になりました。

IMG_4193.JPG

ストーリー後半は手に汗握る熱戦です。 CGを駆使したエネルギッシュな場面は見所満載。 
Bmapにとっては ほぼ初めてのスポーツ実況で、ガイド制作も一番の頑張りどころでした。 

スポーツシーンは短時間にどの情報を取捨選択するのかが難しいところです。 
音声ガイドが少しでも 試合の臨場感に寄り添えていたらと願うばかりです。 

そして今回のもうひとつの目玉、中国人選手のライブヴォイスオーバー、かなりキマッテいたようですが、
いかがでしたか。

お帰りの際に「楽しかったわ〜」と仰って下さった女性の方の笑顔は 大きな励みになりました。 
また終演後には、熱心にご意見を聞かせて下さるお客さまもいらっしゃいました。

有難い応援や貴重なお話を参考にさせて頂き、私たちもご期待に応えなければと 気持ちを新たにいたしました。  
ご来場下さった皆さま、本当にありがとうございました。
 
(記 田中)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | Bmap映画上映会