2012年06月27日

第2回 手話講習会

6月27日、東京都障害者福祉会館で手話通訳者の和高さんを講師に招いて、第2回目となる手話講習会を行いました。
2階の和室で受講者10人が「コ」の字型に座り開始。

2012.6.27-syuwa-2.jpeg


☆ご挨拶:枕を外して「おはようございます」 
     時計の針が12時をさして「こんにちは」
     夜の帳がおりたら「こんばんは」        
成り立ちのイメージを膨らませながら練習です。


☆自己紹介:「私の名前は○○と申します」
珍しい名前でも難しい名前でも分かりやすく表現する方法を各自がしっかりマスターしました。
   

☆実践的言葉:上映会の案内などで役立つ言葉 
       たとえば「開演は○○時です」「お待たせしてすみません」
       「トイレにご案内しましょう」「○○円です」 etc...


2012.6.27-syuwa.jpeg
時には笑いも起き賑やかに練習しました。


和高さんの話に「耳の不自由な人でなく手話を話す人」とありました。
心に響く表現です。

手話は「意味や形に基づいた表現」と「指文字で言葉を綴る方法」を組み合わせることで意志を伝えます。手指を動かすだけではなく、しっかり口唇を動かし、表情をつけることでより確かな会話となります。


手話は「想像力」と「創造力」を磨くのに効果があると思います。
和高さんのご苦心談も伺い、手話の奥深さを感じる充実した2時間でした。

posted by bmap at 00:00| 講習会

第1回 みんなのバリアフリー映画プロジェクト「かしわ苑」

6月27日に高齢者施設「かしわ苑」(新宿区北新宿)で『幸せの黄色いハンカチ』の上映会を開催しました。
これは、新宿区協働推進基金助成対象事業「みんなのバリアフリー映画上映プロジェクト」の第1回目となる上映会です。

2012.6.27-kashiwaen.jpeg


60畳ほどのオープンスペースというゆったりした空間で、皆さんリラックスされながら映画をじっくり楽しまれていました。

30名ほどの参加者のほとんどの皆さんが、画面・音声ガイドに釘付けでした。
ビデオでの映画鑑賞とは違い、生の声で語られるライヴ感を肌で感じていただけたようです。

施設の方達にも好評で「是非また来て下さい」と、有り難いお言葉もいただきました。
メンバー間からは「もっと誘導的なガイドでもよかったのでは」との意見がありました。ライブ音声ガイドの利点を活かし、対象者に合わせ、ガイドも臨機応変に対応してく工夫も必要だと実感しました。

しかしながら何度観ても感動のクライマックス。
音声ガイドがその感動をさらに大きく導ける上映会だったと思います。


2012年06月16日

第9回Bmap映画上映会

2012年6月16日(土)14時〜東京都障害者福祉会館にて、山田洋次監督、吉永小百合主演「母べえ」の上映会を開催しました。

2012.6.16-1.JPG


現在販売されているDVDには音声ガイドが入っていますが、今回はBmap制作の音声ガイド台本によるライブ上映で行いました。台本作りでは、話の流れを止めず、作品の雰囲気をこわさずに必要と思われる情報をいかに盛り込むかに苦心しました。登場人物の個性が表れている行動を音声ガイドの中に入れ、ストーリーがより理解しやすいように工夫もしました。

2012.6.16-2.JPG



当日は雨の中、幅広い年代の方々に参加していただきました。

2012.6.16-3.JPG 2012.6.16-4.JPG


皆様のお声をいくつか紹介させていただきます。
○音声ガイドが作品に溶け込んでいたので、ガイドが入っているのを忘れる程自然であったと思う。
○情景描写はもう少し写実的でもよいかなと思いました。
○バリアフリーの映画を鑑賞するのが初めてでした。素晴らしい活動だと思いました。
○もっともっとPRして多くの人を集めてほしい。
○分量は通常の音声ガイドと比べ、丁寧だったと思う。
○はじめてで大変良かったと思いますが、音声ガイドをもう少し細部までした方が良いかな?
○お二人ともとても上手に、映画のナレーション自体とうまくかみ合って、映画全体の雰囲気をさらに盛りあげてくださいました。


アンケートにご記入くださった方のほとんどは音声ガイドに満足していただけたようです。皆様のご意見を今後の活動の参考にさせていただきます。

もっと多くの方が上映会に足を運んでくださるように、またバリアフリー映画をもっとたくさんの方に知っていただくように、PR方法も含め検討していきたいと思います。
ご参加くださった皆様ありがとうございました。
posted by bmap at 00:00| Bmap映画上映会