2013年01月19日

新宿区山吹町地域交流館『大学の若大将』上映会

1月19日(土)に、新宿区山吹町地域交流館で『大学の若大将』のバリアフリー上映会を開催しました。
こちらの館では、毎月第一土曜に上映会が開かれていますが、バリアフリー上映というのは初めての試みだということでした。

2013.1.19-1.JPG


こじんまりとした施設で、顔見知りの皆さんが15名ほど集まり、和気あいあいとしたアットホームな雰囲気の上映会になりました。
懐かしい顔ぶれの出演者、面白いストーリーで皆さんに大いに笑って最後まで楽しんでいただけたようです。


そして、初めてのバリアフリー映画には、幾分かの戸惑いを感じられた方もいらしたようです。
例えば「字幕」。つい目に入る文字を読んでしまうことで疲れてしまった方。また、ゆっくり想像を膨らませながら鑑賞するには、「音声ガイド」が気になってしまったという方。


皆さまからいただいた率直で貴重なご意見を踏まえ、これからもより良いバリアフリー上映会ができるよう努力していきたいと思います。






『大学の若大将』(1961年)
音声ガイド制作 Bmap(水谷麻里子、宮下慶子)
監修 瀬尾亜希子
ライブ音声ガイド 水谷麻里子



(報告 齊藤、高塚)
posted by bmap at 00:00| 出張上映会

2013年01月09日

新春きたしん映画会 バリアフリー映画「新・男はつらいよ」

1月9日に、北新宿図書館で『新・男はつらいよ』のバリアフリー上映会を行いました。

図書館側では山田洋次監督の著作、寅さん映画関連の書籍を会場に並べて、図書の利用を呼びかけたり、寅さんの映画出演者へのインタビュー記事を展示してくださっていました。

2013.1.9-1.JPG


来場者は、日ごろ図書館を利用されている方やご近所の方など23名。

2013.1.9-2.JPG



映画を鑑賞された皆さんからは、
「音声ガイドの女性の声が良かった。言葉が聞き取り易かった」
「昔の日本映画の良さを再認識した」
「音声ガイドにより、未就学児童でも、大人向けの映画を一緒に楽しめることを発見」
といったご感想をいただきました。

図書館職員の方からは「これまで児童向けのアニメ、大人向けにはドキュメンタリーを上映したが、今回の作品が最もリアクションがあった」という嬉しいコメントをいただきました。



ビーマップは、今年も様々な会場でバリアフリー上映会を開催していく予定です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。





『新 男はつらいよ』(1970年)
音声ガイド台本制作 Bmap(齊藤具子、望月睦、水谷麻里子)
監修 瀬尾亜希子
ライブ音声ガイド 齊藤具子、望月睦



(報告 玉井(房))
posted by bmap at 00:00| 出張上映会