2018年01月07日

年初めは、平和台図書館で『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』


練馬区平和台図書館でのバリアフリー映画上映は今回で3度目、会場の3F会議室は準備万端、主催の図書館スタッフの熱意と誠意が伝わってきます。
運営も誘導もスムーズで、午後2時の開演時には老若男女でほほ満席となり、ご近所さんが連れ立って観に来られたようなアットホームな雰囲気に包まれていました。
今回は特に家族連れの参加が多く、就学前のお子さんも多数来てくれました。
主催者側の広報の充実ぶりには定評がありましたが、今日は埼玉の草加市から来られた方もあったとか。
視覚障がいのある方も1名おられました。

DSC_2457.jpg

本作品は2007年が初上映ですが、フジを想う人々の努力と誠意が観る人に毎回感動を呼び起こす秀作です。
105分の上映は、スクリーンに広がる美しい景色と感動のストーリー展開で、あっという間に感動の終盤へ。
小さな子供たち(9名ほど)が、最後まで静かに見入ってくれたのも、作品の素晴らしさと今は亡きフジの実演ぶりだけでなく、流ちょうな音声ガイド(活動弁士でもある理事長)があったからなのではと感じられ、心温まる大盛況の上映会となりました。

館長さんはじめ担当者から、今後もバリアフリー映画上映会を続けていきたいとのお話があり、Bmapの参加者一同 感謝と共に、活動を地道に支えてくださる方々からの心強い言葉に励まされました。

今年も沢山の皆さまに上映会に足を運んでいただけますように!!
本年もどうぞよろしくお願い致します。

(記 浅井)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | Bmap映画上映会