2018年09月16日

『夜霧よ今夜も有難う』 いよいよ上映会開催!

9月16日 信濃町シニア活動館で、待ちに待った『夜霧よ今夜も有難う』の上映会が行われました。
裕次郎といえば『太陽にほえろ!』というテレビドラマで、ちょっぴり若い世代の方でも、このテーマ曲はご存知でしょう。私も映画はもちろん、劇中歌としてのこの曲を初めて聴きました。

1967年3月公開。主演の石原裕次郎さんは当時33歳。そして、シニア館のすぐ側の慶応大学病院で亡くなったのが52歳。
病院の屋上から、入院中の彼が 集まったファンに向かって「元気です!」と手を振っていたのがつい最近のことのように思われます。

話がそれましたが、この映画はアクションあり、ロマンスあり。
若かりし日の裕次郎さんの甘いマスクと長い足。そして絶品の歌声とワイルドな乱闘シーンにドキドキしっぱなしの約90分となりました。
浅丘ルリ子さんはじめ、二谷英明さんら豪華な共演者もしかり。『太陽にほえろ!』のボス時代しか知らない私もグイグイ引き込まれました。

20180916_135916.jpg

豊田館長が挨拶でおっしゃって下さいました。「音声ガイドの一言。自分が見ていても気づかなかったことを考えている。言葉の意味や流れを確かめながら感じて欲しい」と。
まさに、そんな音声ガイドの言葉や、計算しつくされた字幕表現によって 様々な世代に受け入れられる作品に仕上がったのではと思います。

制作に半年をかけ、音声ガイドを担当した斎藤具子も 本番直前までひとつひとつの言葉を丁寧に確認して、満を持しての初披露となりました。

20180916_120444.jpg

お客様は60代〜80代の方を中心に約30名ほど。アンケートでは、満足度90〜100%、「懐かしかった!!」とのお声を多数頂きました。
3連休の中日に足をお運び頂きありがとうございました。

おしまいに、豊田館長さん。私が音声ガイドを務めさせて頂きました8月の『HOME愛しの座敷わらし』にお越し下さりありがとうございました。他会場の様子も気にして下さる温かいお心遣いに頭の下がる思いです。
 
(記 渥美)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会