2017年01月18日

出張授業「バリアフリー映画って何だろう?」 子どもたちのきらきらしたまなざしに感激!!

 本日 田園調布雙葉小学校に行ってきました。
小学校3年生の授業「バリアフリー映画って何だろう」の体験講座です。
今年で3回目 楽しい講座です。

DSC_1023.jpg

Bmapで制作した バリアフリー体験映像を使い、音声を消して聴覚障害者体験、 映像を消して視覚障害者体験をしました。みなさん真剣に観て聴いて下さいました。
それから映像に字幕を入れ、音声ガイドをつけて流しました。 
これがバリアフリー映画。映画に字幕やガイドがあった方がみんな一緒に楽しめることを実感してくれたようです。
 後半は例年大好評のガイド体験です。
映像に合わせてマイクを使い音声ガイド台本を読みます。
今年もたくさん手が上がりました。

DSC_1024.jpg

みなさんの集中力にびっくり!映像に合わせ声のトーンも自在、感情も入れ、タイミングもぴったり!
今回は先生にもトライしていただきました。
かなりのプレッシャーだったと思いますが、先生の素晴らしガイドに拍手喝さいでした。
ガイドを務めたお友達に心から拍手を送る姿にも感動致しました。
3年生のみなさんは2学期から バリアフリー映画を観たり アイマスクをつけてみたり 障害者に寄り添う時間をもってきたそうです。
 
 校長先生からは 子供たちが障害者の方たちと 接する機会も少なく、こうした体験を通して 自分たちも何かできることがあるのではないか・・の一歩になれば とのお話をいただきました。
今年もありがとうございました。
bmapはどこへでも出張いたします!

後日、担当の先生が子どもたちの感想文を送ってくださいました。原文のまま、一部をご紹介させていただきます。
小さな胸に芽生えた尊い芽をこれからのびのびと育てていってもらいたいと思います。

*私の好きな言葉は「おっと・・雲さん、ナイスキャッチ!」です。このセリフは速く言わないとりっちゃん のセリフに重なってしまうけれど、面白いセリフなので、私は大好きです。

*わたしはBmapさんのお話を聞いて、もっとバリアフリー映画をみて、しょうがいしゃの気持ちを知りた いです。
 Bmapさんのような仕事をしてしょうがいのかたをよろこばせるような事をしたいです。

*私はバリアフリー映画を初めに考えた人はすごいなあと思いました。
 音声ガイドはナレーターの言葉がとても楽しくなるような言葉で、聞いていて思わず心がはずんできてしま います。悲しい場面でも悲しさを言葉で表していて、目をつぶっていてもその絵がうかんできます。
 バリアフリー映画はしょうがいがない人でも楽しめる映画だと思います。

皆さん、今度はBmapの上映会にお越しくださいね!!

(記 佐藤)


posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 出張授業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: