2017年11月19日

小平市小川西町公民館で初の バリアフリー上映会開催!!

1月19日(日) 小平市小川西町公民館で、『ALWAYS 三丁目の夕日』バリアフリー映画会がありました。
小川西町図書館主催による、小平市では初めてのバリアフリー上映です。

20171119_115418.jpg

会場に この作品の原作大活字本や 夕日町オフィシャルガイドブック(舞台の三丁目は夕日町三丁目だったんですね!)、昭和30年代のレトロ家電や生活文化・テレビ番組をまとめた書籍、鉄道風景や町の写真集、新聞など20点あまりが関連図書として展示してあったのは さすが図書館!
職員さんの熱意を感じました。

20171119_134743.jpg

『ALWAYS三丁目の夕日』は、上映回数がいちばん多い作品で5回を越えるでしょうか。
上映の度に 音声ガイド(台本)がブラッシュアップされ、また、語り手による表現のニュアンスも魅力となり、何度観ても 新鮮に泣き笑いできます。

音声ガイドを担当した水谷さんは ガイドを語りながらホロリとしちゃったとか…。
水谷さんのガイドはゆったりとかわいらしい声で 作品に寄り添います。
コミカルな場面も淡々と語るので かえっておかしさ増し増しでした。

来場者からは「音声ガイドがあったほうが、内容がより分かりやすくなっていて驚いた」「感情がとても豊かに伝わってきた」「こんなに良いんだから、もっと大勢の人に見てもらわないともったいない!」「また、やってください」という感想をいただきました。

熱心な職員さんがいる図書館から、バリアフリー映画が小平市に広がっていくといいですね。
(記 清水)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: