2018年03月25日

映画『段また段をなして』音声ガイドをつけ、活弁のようにセリフを語ると・・

3月25日 みなとパーク芝浦、男女平等参画センター リーブラホールで「港区障害者差別解消法啓発講演会〜誰もが自分らしく輝いて生きるまち」が開催され、映画『段また段を成して』のライブ音声ガイドをさせて頂きました。

IMG_4675.JPG


『段また段を成して』は、全日本ろうあ連盟の創立70周年を記念したドキュメンタリー映画。
ろうあ連盟の歴史、聴覚障害者の差別闘争の歴史について、それが現在も続いていることにはっとさせられる内容です。

登場人物がほぼ聴覚障害者で、手話と字幕で説明されているので、音楽はあるものの、声はほとんどありません。
音声ガイドナレーションとろうあ者の手話での会話を登場人物ごとに演じ分け、活弁に近い形で、楽しく語らせて頂きました。

ビーマップのメンバーで元アナウンサーの高橋さち代に、ナビゲーター役のろうあ者川俣郁美さんのセリフを、
また登場する男性ろうあ者のうち、後半に登場する2〜3名を平賀源大に担当してもらい、その他を佐々木亜希子が担当。
それぞれの人物がよりわかりやすかったのではと思います。

港区2.jpg

上映している最中も「へぇ、知らなかった。」「こんなことがあったの。」と感想が聞こえてきて、ライブならではのだいご味を感じました。喜んで頂けて嬉しかったです。

障がいのある人ない人がともに、第一部のピアノコンサートや、こういった映画を楽しむ機会があるのは本当に素晴らしいことだと思いました。

(記 佐々木)




posted by bmap at 00:00| Comment(0) | Bmap映画上映会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: