2020年02月23日

三軒茶屋で『100000年後の安全』 上映会開催



FB_IMG_1582977781045_resized.jpg


令和初の天皇誕生日の2月23日、世田谷区の三茶しゃれなあどホールで「つくし会」主催の『100000年後の安全』上映会を行いました。

新型コロナウィルス感染の影響で、様々なイベントの中止が増えてきた時期の上映会でしたので、参加者も少ないのでは…と思いきや、40人近くのお客さまがいらっしゃり、映画への関心の高さが覗えました。

フィンランドにある高濃度放射性廃棄物の最終処分施設「オンカロ」を舞台にしたこの映画は、
日本では2011年3月11日の東日本大震災直後に公開され、大きな話題となった作品です。
上映前には、お忙しい公務の合間を縫って保坂展人世田谷区長も会場を訪れ、
「原子力発電は『トイレのないマンション』とも言われるように、放射性廃棄物の処理が大きな問題となっている。この映画を通して、皆さんもしっかりとこの問題を考えてみてほしい」、との言葉をいただきました。

上映後、この作品の音声ガイド制作秘話(?)をご紹介したり、観客の皆さんの感想などを伺うトークショーを行いました。
「映画を見て、とても不安に感じた」という感想や、「エネルギー問題にちゃんと向き合わなくてはいけない」という意見に、会場の皆さんも大きく頷く姿が。
同じ会場でみんなで一緒に作品を見るからこそ、こうして意見交流したり、思いを共有することができます。
“やっぱり上映会って、いいな”、と、思った瞬間でした。

ところで、この日は、佐々木亜希子理事長と中尾がNHK時代にお世話になった、NHKの黒沢保裕アナウンサーも見に来てくださいました。
ガイドについて、「過不足のない、ちょうどいいものだった」との感想をいただき、言葉のプロである黒沢アナウンサーからの言葉に、ホッとしました♪


この先の上映会は、コロナウィルスの影響で中止や延期になっております。
変更のある場合はBmapのホームページなどでもお知らせいたしますので、ご確認ください。

皆さま、どうぞくれぐれもご体調管理には気をつけてお過ごしください。


(記・ガイド  中尾るか)

posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: