2012年06月27日

第2回 手話講習会

6月27日、東京都障害者福祉会館で手話通訳者の和高さんを講師に招いて、第2回目となる手話講習会を行いました。
2階の和室で受講者10人が「コ」の字型に座り開始。

2012.6.27-syuwa-2.jpeg


☆ご挨拶:枕を外して「おはようございます」 
     時計の針が12時をさして「こんにちは」
     夜の帳がおりたら「こんばんは」        
成り立ちのイメージを膨らませながら練習です。


☆自己紹介:「私の名前は○○と申します」
珍しい名前でも難しい名前でも分かりやすく表現する方法を各自がしっかりマスターしました。
   

☆実践的言葉:上映会の案内などで役立つ言葉 
       たとえば「開演は○○時です」「お待たせしてすみません」
       「トイレにご案内しましょう」「○○円です」 etc...


2012.6.27-syuwa.jpeg
時には笑いも起き賑やかに練習しました。


和高さんの話に「耳の不自由な人でなく手話を話す人」とありました。
心に響く表現です。

手話は「意味や形に基づいた表現」と「指文字で言葉を綴る方法」を組み合わせることで意志を伝えます。手指を動かすだけではなく、しっかり口唇を動かし、表情をつけることでより確かな会話となります。


手話は「想像力」と「創造力」を磨くのに効果があると思います。
和高さんのご苦心談も伺い、手話の奥深さを感じる充実した2時間でした。

posted by bmap at 00:00| 講習会

2012年05月23日

視覚障がい者の手引き講習会

5月21日と23日に、Bmapメンバーのための、ガイドヘルパー講座が開かれました。
ガイドヘルパーの資格をもつBmapメンバーが指導のもと、メンバーは2人一組になって、交代でヘルパー役とアイマスクをして視覚障害者役となり、廊下からトイレの誘導の仕方、トイレの個室の入り方、階段の上り下り、椅子への誘導の体験学習を行いました。

まずは基本姿勢が大切です。
視覚障害者は基本的に右手に白杖を持ち、ガイド役は左側に立ちまっすぐに一歩前を歩く。
曲がるときも斜めに誘導したりしない。
障害者はガイドの肘の真上か肩をつかむ。
肘は、自然に様々な情報(方向転換、止まる、歩く早さ、相手の気持ち?緊張しているかなど)がよく伝わってくる場所だと実感しました。

2012.5.23-01.JPG


幅の狭い道路では、障害者を支える腕を後ろに回し、グッと前に出て、後ろを障害者に歩いてもらう。
段差でも階段でも、変化のある時には行動にメリハリをつける意味で、しっかり止まり、声掛けをする。

2012.5.23-02.JPG


「狭い道路になります」
「上り階段です」「下り階段です」「階段始まり」「階段終わり」など。
それから、あまり先のことは伝えない。(何メートル先に階段があります、と言わない)情報が早すぎると今の状況と混同することがある。
理解しづらいので、指示語(あっち、こっち)は言わないようにする。
椅子への誘導も、背もたれの有無、座面、机の位置を教えることで、
トイレでは、和式か洋式か便座やトイレットペーパーの位置、流すペダルの場所をしっかりと伝えることで、落ち着いて行動できることがわかりました。

これからの上映会等で、この経験を生かし、常に障害者の立場、気持ちを考えて、より適切な誘導とあたたかな対応ができるとよいと思いました。
posted by bmap at 00:00| 講習会

2012年02月16日

アナウンス講習会

東京都障害者福祉会館でアナウンス講習を行いました。
講師はBmapのメンバー、生徒もBmapのメンバーです。
実は、Bmapにはアナウンサー経験者が3名在籍しています。

通常時も上映会に向けてガイド担当者へ語りの稽古の時間を設けているのですが、
今回はメンバー全員で語りの底上げをしようということで、基礎中の基礎から見直しました。

発声、発音、意味のつながりを意識した読み方など。

知らず知らずに出てしまう読み癖に気付いたり、
地域や年代で発音しずらい言葉があることを知ったり、
基礎を見直すことで各々の課題を見つけることができました。


ただ、完璧な技術がなくてもガイドを語ることはできます。


しかし、アクセントや滑舌が乱れることで作品の流れを止めてしまうことがあります。
読みの不自然さで作品に入り込むことができなくなってしまうこともあります。
皆さんに作品を心から楽しんでいただけるよう、これからもBmap全体で語りの技術を磨いていきたいと思います。
posted by bmap at 00:00| 講習会