2011年10月23日

モニター上映会「息子」「青い鳥を探して」

東京都障害者福祉会館で、モニター上映会を行いました。
一般のお客様を招いて行う上映会の前に、会員の皆さんに鑑賞していただきご意見を伺います。
演目は、探偵事務所5シリーズから「息子」「青い鳥を探して」の2作品です。

2011.10.23.JPG
(写真:代表挨拶、多くの会員の方にお集りいただきました)


「青い鳥を探して」は、過去、未来だけでなく心象風景が次々映し出される、とても複雑な作品です。

会員の皆さんからは、
「すべて、わかったかどうか疑問ですが、わかったつもりです。場面展開が難しく、心理描写の多いので、現在なのか、過去なのかなどを全て説明してしまうと面白くなくなる作品。意味づけは観る側に委ねられているので、それを損ねない解説を入れるべき。その意味で事実をそのまま伝えていったのはよいと思う」
「作品がとても凝っていて、時間軸も行き来するので、見えていても人によってはストーリーがわからない作品なのでは」
など多くの意見を伺うことができました。

音声だけで伝える作品としては、かなり難しい映画でしたが、モニターの皆さんから大変参考になるご意見をたくさんいただき、とても勉強になりました。



posted by bmap at 00:00| モニター上映会