2015年07月22日

「八甲田山」スタジオ収録

7月22日(水)、前日のモニター会に引き続き、西早稲田のスタジオで朝から音声ガイドの収録が行われました。
この日も大河内先生がご出席くださいました。
『八甲田山』プロデューサーの加藤さんも今回出席され、後ろから静かに見守っていらっしゃいました。

収録は極めて穏やかに、驚くほど手際よく進められました。
訂正を要する箇所が適切に指示され、直ちにその箇所が提示され、処理されていくのです。
発音が少しでも不明瞭になると決して見逃されることはなく、アクセントもしっかりチェックされている。
しかも進行に細かな配慮が行き届いている。
これぞプロ中のプロの仕事!と感心するばかりでした。

音声ガイドを務めた当NPO法人理事長は、連日の強行日程と空調による部屋の寒さで、開始直後は喉の状態が思わしくなかったのですが午後にはすっかり回復し、まだ十分練られていないところのあった台本に手を加えながらも、3時間近くの長編映画の音声ガイド収録をほぼ倍の時間で収めてしまうほど順調でした。

収録が終わって外に出ると、空はまだ青々として明るく、夕日に染まった雲が細くたなびいていて、こんなに明るいうちに帰るのは久しぶりだと言いながら理事長と帰途に着きました。

image1.JPG

今回収録されたDVDは、高倉健の命日に合わせ11月に発売されます。
お楽しみに!

(記 大澤)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 音声ガイド制作・収録

2014年10月08日

『南風』視覚障害者対応ヴォイスオーバーの収録

日台合作映画『南風』の視覚障害者対応ヴォイスオーバーの収録。

映画のエグゼクティブプロデューサー大和田廣樹さん(Bmap副理事長)が、
ヴォイスオーバーと音声ガイドのディレクターも務めています。

南風ヴォイスオーバー2.jpg 南風ヴォイスオーバー収録1.jpg

声優さんたちはさすがで、ほとんどミスなく、午前中で録り終わり、確認作業をしました。

Bmapの理事長で活動弁士の瀬尾(佐々木)亜希子が藍子の、また齊藤具子がトントンの母の
ヴォイスオーバーを担当しました。

音声ガイドとヴォイスオーバーの台本はBmapが監督監修のもと制作したものです。

来週は朱永青さんによる音声ガイドのナレーション収録です。

DVDの完成が楽しみです。

(記 瀬尾)
posted by bmap at 00:00| 音声ガイド制作・収録

2014年08月21日

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境の音声ガイド付きDVD発売!

1982年春に公開された『のび太の大魔境』を新たなスタッフ&キャストでリメイクし、今年の春に公開されたドラえもん映画。そのDVDにBmapが音声ガイドをつけたものが8月6日に発売されました。
ガイド役は当NPO法人理事長、瀬尾亜希子(佐々木亜希子)です。

20140822_141632.jpg 20140822_141707.jpg

鑑賞した人からぞくぞくと感想が寄せられています。

*スピード感、ストーリー展開の速さ、ハラハラドキドキ感が強く伝わってきた。
 細かいところも昔の映画と同じように作られている。(視覚障害の男性)

*音声ガイドが入っていても、いつもと変わらなくて、おもしろかった。
 しずかちゃんのお風呂の場面があったけれどマッサージ係はいらないと思った(笑)
 (小学1年生・男子)

*たまにはこういう映画もいい。どこでもドアがあったら…。(70代・男性)

*最初の不可思議なワンちゃんの登場シーンは音声ガイドがあるからこそわかるシーン。
 長く続くアニメはキャラクターの特徴に変化があると思った、がこれもありかと。
 大人も子供も楽しめるドラえもんでした!(東京在住オバチャマです)

*なんか泣ける。ドラえもん最高!ガイドがつくとわかりやすいし、みんなで盛り上がれた。
 (中学生・男子)

*登場人物のセリフを邪魔をしないで説明を入れているなあと感心しました。視覚障害者の
 方々はどんなふうに感じ、イメージしているのか興味深いなと思い、共有できる場が増える
 きっかけに、バリアフリー映画がなればありがたいと感じました。
 (40代・女性)

このDVDで、ドラえもんを昔見た人も初めて見る人も音声ガイドで一味違った鑑賞ができること請け合いです。

夏休みも残りわずか、ドラえもんのDVDを観て冒険の旅に出てみませんか。

(記 大澤)
posted by bmap at 00:00| 音声ガイド制作・収録