2014年07月11日

台湾ガイドムービー『南風』

シネマート新宿で明日から公開の台湾ガイドムービー「南風」

       DSC_0453.jpg
・・台湾に日本人のサイクリストのゴウの取材にきた26歳の藍子。仕事もプライベートも行き詰るなか、レンタサイクル店の娘トントンをガイドに雇い、台北から日月潭(リーユエタン)まで自転車でめざす。・・風光明媚な台湾も堪能。台湾に行きたくなる、台湾・日本の合作映画です。

   DSC_0450.jpg
この映画で二人の自転車旅行に途中から加わるユウ役のコウ・ガさんが来日し、7月11日(金)表参道「Copon norp」でトークショーが開かれました。
司会進行はプロデューサーの朱 永青さん。ユウ役のコウ・ガさんは映画の中ではさわやかなスポーツマンでしたが、「南風」のためにつけた筋力も落とし、髪型もかえ、アーティストのような姿で来日されました。 映画の中より、若々しく、笑顔のかわいい一面も・・。一つ一つの質問に真摯に答える好青年でした。

〜 ただ今、Bmapで音声ガイド制作中です!!〜

(記 齋藤)
posted by bmap at 00:00| 音声ガイド制作・収録

2014年06月03日

『ドラえもん』スタジオ収録

今日、目黒のアニメーション専用スタジオ「APU」にて、『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』の収録が行われました。
ドラえもんのプロデューサーさん、映画の監督さんが立ち会われ、前日まで言葉の使い方にこだわる音声ガイド制作メンバーが見守るなか、我らが理事長 瀬尾亜希子は、映画のドラえもんワールドをそのままに、Bmapの音声ガイドの魔法をかけてくれました。

…しかし監督さんは鋭い! 台本と映像を見てガイドを聞きながら、ストーリーと違った表現を的確に教えて下さり、パッと絵を見るだけではわからないことも、ガイドがあることで、ぐっと理解が深まり、納得の仕上がりになりました。
監督さんは「ガイドを入れる間がなくて、たいへんだったでしょう。いろいろよく入れましたね〜!多くの方に、このガイドつきの映画を観ていただき、早く感想を聞きたいです。」と音声ガイドに興味津々のご様子。

私たちも子ども向けのガイドは初めてで、お子さんの想像力と理解力のお手伝いがどのくらい出来るか…これからもさらなる学びが必要だと痛感致しました。
次世代に続くドラえもんのように、私たちのガイドも、もっとたくさんの人に味わっていただきたい…そんな熱い思いを噛みしめた一日でした。


2014.6.3.jpg
(緑のTシャツの方が、監督さんです)



(記 高橋)
posted by bmap at 00:00| 音声ガイド制作・収録

2013年12月25日

『東京物語』制作勉強会

『東京物語』の副音声台本制作勉強会(モニター会)の第一回を12月25日午前11時から高田馬場の事務所で行いました。
1953年(昭和28年)の作品。画面に映る生活用品などに「あんなの有ったよね、見たことあるある」と言いながらも言葉での説明に苦戦。おかしな造語がとびだしたりしながら136分の作品の前半を終了しました。

2013.12.25.jpg


瀬尾理事長指導のもと今回の参加は制作担当の二人で、やや空席がありました。急に決まった日程、しかもクリスマスでしたから。

次回の制作勉強会は、26年2月1日(土)を予定しています。叩きがい??のある第一稿です。多くの方からアドバイスを頂きたいと思います。ビーマップメンバーの皆さん、ご参加よろしくお願いします。




(記 西尾)
posted by bmap at 00:00| 音声ガイド制作・収録