2018年03月14日

バリアフリー映画上映会『折り梅』

3月14日 新宿区立障害者福祉センターでの「折り梅」上映会は、近隣の皆さんもたくさん参加して下さり、館内の椅子をかき集めて、足りないくらいの大盛況でした。
100名近い参加者のうち、健常者6割、障害者4割。ご高齢の方もたくさんおいでくださいました。
皆さんが一緒に笑ったり泣いたり、参加者も主催者もたいへん喜んで下さり、本当にいい上映会となりました。
新宿区立障害者福祉センターの方が、近隣の自治会などに声をかけたり、チラシをポスティングして下さったりして下さった賜物です!

image3.jpeg

後日、センター長さまより、
 何人もの方々にセンターや街角で「とてもいい映画だった」「久しぶりに映画で心の底から泣けちゃった」といった感想をきくことができました。高齢者が障害者となり、障害者が高齢者になって、ますます「高齢」も「障害」もみんなの問題、わが身の問題になってきていることを実感させられました。 
とメールを頂きました。

image4.jpeg

バリアフリー映画は初めてとおっしゃる方も、字幕や音声ガイドを自然に受け入れて下さり、理解ある温かいお客様でした。ありがとうございました。

(記 佐々木)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会

2018年02月25日

シニア活動館で『点と線』上映会

信濃町のシニア活動館にて、東京マラソンの行われた日曜日、40人を越す沢山の方々にお越し頂き、松本清張の代表作『点と線』を上映致しました。

出演は、往年の名俳優、山形 勲、美人女優の高峰 三枝子、他、堀 雄二、加藤 嘉、志村 喬、そして、新人 南 廣。

image2.jpeg

サスペンスとは言え、微妙な心理や、東京から西は九州博多、北は北海道札幌にわたる、広範囲な場面展開と、多くの回想場面を音声ガイドでどこまでお伝えできるかとても心配でした。
お楽しみいただけましたでしょうか。

シニアの方には、懐かしいD51や、青函連絡船などの場面から、新幹線もなかった古い時代を懐かしくご覧頂けたのでは‥と思います。

IMG_0658.jpg

初めて音声ガイドを受け持った不安と緊張感で、練習では思いも寄らなかった所で、かんでしまったり..反省の多いデビューでした。
皆さま、本当にありがとうございました。      

(記 金丸)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会

2018年02月24日

ひまわり荘『駅前旅館』

2月24日土曜日、世田谷区立障害者休養ホームひまわり荘で『駅前旅館』を上映しました。

実は1月に予定されていましたが、大雪の為に順延、リベンジ上映となったものでした。
いつも楽しいポスターも掲示されていて、Bmapスタッフもうきうきドキドキ♪

20180224_112641.jpg

春の陽気と雪のちらつく真冬の天気が繰り返された今週のお天気、当日は冬のコートが邪魔になるほど気温は上昇、お天気は良し!

さて、お客様は...1ヶ月お待ち頂きありがとうございました。40人を超える皆様がお越し下さり会場はいっぱい。

本作品はおよそ60年前に公開された、井伏鱒二原作、森繁久弥、伴淳三郎、フランキー堺など芸達者な俳優さん達の丁々発止のやり取りが見どころの喜劇とも思える内容で、会場からは笑い声の絶えない109分となりました。

20180224_130148.jpg

音声ガイド、字幕付きで、ひまわり荘を普段ご利用されている方をはじめ、視覚や聴覚に障害をお持ちの皆様にお楽しみ頂けていましたら嬉しいです。

最後に、ひまわり荘の天ぷらうどん、美味しく頂きました!

(記 渥美)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会