2018年03月24日

7時間20分『三国志』一挙上映!!

7時間20分!
アニメ『三国志』三部作一挙上映を、3月24日東京都障害者福祉会館にて実施しました。

IMG_0664.jpg
し〜っ!只今上映中です・・。

音声ガイドは、さすがにライブでというわけにはいかずDVDに録音されたものでしたが、
担当はBmap理事長の佐々木亜希子。
作品の登場人物がほぼ男性でナレーションも男性なので、女性(女声)の音声ガイドが心地よく、物語に奥行きを与えているように感じました。

IMG_2292.jpg

また、 キャスト(声優)が渡哲也・あおい輝彦・山口崇等々一流の俳優なので、目をつぶって聞いていると実写版かと勘違いするようなシーンもありました。
音声ガイドと相まって人の表情がありありと浮かんできます。

視覚障害者や聴覚障害者のご来場はありませんでしたが、全て通しでご覧になった方が8名。
「あまりに長いので最後まで見ていられるか心配だったけど、物語が面白いから一部一部を短く感じるくらいだった。」という感想も聞かれました。
三国志ファンと思われる方や、いつも途中で挫けて結末が知りたかったという方もいらっしゃいました。
(実は私も、赤壁の戦いあたりで挫けていたひとりです…)

三国志は歴史物語としてはもちろん、義理人情を感じたり、推しメンを見つけたり、あるいは戦法戦術に興味を引かれたり色々な角度から楽しめる作品です。

この上映会に行けなかった、最後まで見られなかった、もう一度見たいとおっしゃる方は、販売もしております。

(株)ワイ・プランニング (03)6233−7150 までご連絡をお願い致します。

IMG00078.jpg


(記 清水)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | Bmap映画上映会

2018年03月14日

バリアフリー映画上映会『折り梅』

3月14日 新宿区立障害者福祉センターでの「折り梅」上映会は、近隣の皆さんもたくさん参加して下さり、館内の椅子をかき集めて、足りないくらいの大盛況でした。
100名近い参加者のうち、健常者6割、障害者4割。ご高齢の方もたくさんおいでくださいました。
皆さんが一緒に笑ったり泣いたり、参加者も主催者もたいへん喜んで下さり、本当にいい上映会となりました。
新宿区立障害者福祉センターの方が、近隣の自治会などに声をかけたり、チラシをポスティングして下さったりして下さった賜物です!

image3.jpeg

後日、センター長さまより、
 何人もの方々にセンターや街角で「とてもいい映画だった」「久しぶりに映画で心の底から泣けちゃった」といった感想をきくことができました。高齢者が障害者となり、障害者が高齢者になって、ますます「高齢」も「障害」もみんなの問題、わが身の問題になってきていることを実感させられました。 
とメールを頂きました。

image4.jpeg

バリアフリー映画は初めてとおっしゃる方も、字幕や音声ガイドを自然に受け入れて下さり、理解ある温かいお客様でした。ありがとうございました。

(記 佐々木)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会

2018年02月25日

シニア活動館で『点と線』上映会

信濃町のシニア活動館にて、東京マラソンの行われた日曜日、40人を越す沢山の方々にお越し頂き、松本清張の代表作『点と線』を上映致しました。

出演は、往年の名俳優、山形 勲、美人女優の高峰 三枝子、他、堀 雄二、加藤 嘉、志村 喬、そして、新人 南 廣。

image2.jpeg

サスペンスとは言え、微妙な心理や、東京から西は九州博多、北は北海道札幌にわたる、広範囲な場面展開と、多くの回想場面を音声ガイドでどこまでお伝えできるかとても心配でした。
お楽しみいただけましたでしょうか。

シニアの方には、懐かしいD51や、青函連絡船などの場面から、新幹線もなかった古い時代を懐かしくご覧頂けたのでは‥と思います。

IMG_0658.jpg

初めて音声ガイドを受け持った不安と緊張感で、練習では思いも寄らなかった所で、かんでしまったり..反省の多いデビューでした。
皆さま、本当にありがとうございました。      

(記 金丸)
posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会