2024年02月03日

大泉図書館で『新・男はつらいよ』上映会開催


23日土曜日、練馬区立大泉図書館で、『新・男はつらいよ』上映会がありました。

18名(男性女性半数ずつ)がご参加、年齢層は高めでした。


大泉図書館は、荷物を置くカゴや、膝掛けなどのご用意があり、お客さまファーストで、特に寒い冬は助かるなぁと思いました。


寅さん映画なので始終笑いありの上映会でした♪



2024.2.3大泉図書館@.JPG

寅さんの本も沢山あるのですね!




2024.2.3大泉図書館A.JPG

視覚障害者の方もご参加いただきました。

「何度も観た映画だけど、今日初めて表情やいろんなことがわかってよかった」という嬉しい感想を頂きました!


明日は南田中図書館です。

頑張ります〜あせあせ(飛び散る汗)


2024.2.3大泉図書館B.JPG


スタッフの皆様、お手伝いいただき、ありがとうございました。



(記 斎藤)

posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会

2024年01月28日

『コーダあいのうた』港区障害保健センターで上映会開催!!

128日、港区立障害保健福祉センターで、『コーダあいのうた』上映会が開かれました。


2024.1.28コーダあいのうた上映会C.JPG



お寒い中、50人以上のお客さまにお越しいただきました。

20代から40代の方にも足を運んでいただき、活気あふれる会となりました。


この映画は洋画でかつ聴覚障害者同士の会話が多く、手話吹き替え音訳を波多腰絵里、藤本剛が初挑戦しました。


2024.1.28コーダあいのうた@.JPG



本作品は2022年に、アカデミー賞作品賞、助演男優賞、脚色賞を受賞した名作です。


全編に流れる音楽も名曲ばかり、主人公ルビーの歌声も美しく、歌詞の日本語訳も合間に流れるように入れました。


音声ガイドを制作したメンバーは、何度も何度も映画を観て確認しながら、時には意見を戦わせながら笑笑、入れるべき言葉を選んでいきました。


2024.1.28コーダあいのうた上映会B.JPG


コーダ音声ガイド制作、吹き替え音訳メンバー。ルビーの赤いワンピースにちなみ、洋服に赤を取り入れました。


アンケートでは、音訳が素晴らしかった、力作だったというご意見を沢山いただき、とても嬉しかったです。


バリアフリー映画が初めてというお客さまはアンケートでは25人いらっしゃいました。少しのサポートで、障害の有無関係なく、みんなで一緒に映画を楽しむことを体験していただけて、さらにその輪がどんどん広がって行ってくれたらと思います。


2024.1.28コーダあいのうたA.JPG


みんなで、映画で出てきたI loveyouの指文字をしていますハート(トランプ)



32日は『記憶にございません!』上映会です。

担当メンバーは、目下音声ガイド制作を終えて、細かい修正作業、ガイド練習に入っております。

どんな楽しいガイドがつくかと、今からワクワクしております。


ぜひお誘い合わせの上、足をお運びくださいませ。


(記 高橋)

posted by bmap at 00:00| Comment(0) | 他団体主催上映会

2024年01月21日

『ある町の高い煙突』バリアフリー上映!


視覚障害の方に、「ぜひこの映画をライブ音声ガイド付きで」とリクエストいただいた『ある町の高い煙突』(2019年作品)、

とてもいい作品で、拝見したNPOビーマップ一同たいへん感動し、

「もっと多くの方にご覧いただきたい!」と日本語字幕もつけてバリアフリー上映させていただくことにいたしました。

文豪新田次郎の小説を原作に、日立鉱山の煙害と闘った人々の実話を映画化した感動作です!


音声ガイドは、リクエスト下さったつくし会の視覚障害の方々にまずは聞いていただき感想をいただいて、これからブラッシュアップ。


2024.1.21つくし会@.JPG



字幕も現在鋭意制作中で、ろう者の方々にモニターしていただいて完成させます。


28日(金)9日(土)に高円寺のシアターバッカスでバリアフリー上映いたします。


障害者手帳をお持ちの方、付き添いの方は一律1000円。

一般は2000円と少し高めですが、プロデューサーや監督にいらしていただいて、お茶を飲みながらのアフタートーク交流会付きです。


ライブ音声ガイドは、公開時にこの作品を劇場で見て感動したという大澤英子が昼公演、

NPOビーマップ代表で活動写真弁士の佐々木亜希子が夜公演を務めます。


平日ですが、この機会にぜひぜひご参加ください。


2024.1.21ある町の高い煙突チラシ@.JPG


2024.1.21ある町の高い煙突チラシA.JPG



<みんなで楽しむバリアフリー上映>

ライブ音声ガイド&日本語字幕付

『ある町の高い煙突』(2019年 130分)


明治の終り、命をかけて環境破壊と闘った人たちがいたー


【日時】2024 年 2月8(木)・9日(金)

  両日 14001830


【ライブ音声ガイド】 NPOビーマップ

  1400の回 大澤英子/1830の回 佐々木亜希子


【会場】 高円寺シアターバッカス

 (杉並区高円寺北2ー21ー6レインボービル3F

  高円寺駅徒歩5分 高円寺純情商店街


【料金】一般/2000 円 障害者及び介助者/1000

  (各回お茶付きアフタートーク含む)


アフタートークゲスト(予定)

8日 昼/プロデューサー 城之内景子  夜/監督 松村克弥

9日 昼・夜/プロデューサー 亀和夫


※ 受付や会の進行に手話通訳あり


【あらすじ】1910年、美しい山々に囲まれた茨城の地に日立鉱山が開業して5年が経った。

その頃には亜硫酸ガスによる煙害が発生し、山林や農作物は甚大な被害を受けていた。

村の名家に育った関根三郎(井手麻渡)は、祖父の兵馬(仲代達矢)からあることを告げられ、進学も外交官になる夢も捨てて、煙害と闘うことを決意する。


【主催 予約・問合せ】潟純C・プランニング 0362337150 waiplanning.info@gmail.com

【共催】潟hリームキッド

【字幕制作】クリエーターズ・ラボ・バッカス

【協力】 日本視覚障碍者芸術文化協会、特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TAnet)、特定非営利活動法人 ビーマップ

【助成】公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【芸術文化魅力創出助成】


(記 佐々木)

posted by bmap at 00:00| Comment(0) | モニター上映会